読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンターグの貸出票

返却期限を過ぎました。

創作

夕暮れの齢

大人になったら僕はもう子供ではいられないんだ。そう思うといつまでも子供でいたい僕は星が右から左へ、はたまた左から右へと流れるのを期待してずっと夜空を見上げてた。けれどいつまでたっても星はその場で輝き続けるだけで、時折赤い月が気持ち悪く僕の…

赤色

その絵の前で老人はずっと佇んでいた。陽の光も差し込まぬ屋内の展示会でサングラスをかけたまま杖をつき、傍らには孫だろうか若い女が付き添っていた。そろそろいきましょうかと若い女が老人に声をかけたが老人はその場を動こうとしない。困ったように笑み…

acknowledge the elephant in the room

「ねえ!みてみて!ネンド象!」 「どうみてもストーンヘンジなんだけど」 「ストーンヘンジっナンジャコラ!象じゃん!ちゃんと俯瞰してますか?ゾ・ウ・じゃん!」 「駄洒落を思いついたまでは良しとしよう。そのためにわざわざ粘土を買ってきた姿勢も涙ぐ…

OLお昼に中華屋へ

お昼休み。私と冴子は最近職場の近くに出来た中華料理屋にやって来た。「中華飯店 桂馬」この実にスレスレな感じが私達を引き寄せた。店頭には春先にも関わらず「冷やし中華はじめました」の立看板。 「うっそ、もう始まってんの」 「季節先取りってかんじだ…

ヴァンパイア倦怠期

血を吸い飽きた。長年こんなことを続けていよいよ意味が分からなくなってきた。人間が食事に飽きますか?知らん。そんなことは全然知らん。だって私は吸血鬼だもの。人間せいぜい百歳ちょっとの寿命に対して既に千歳を越えて数えるのもやめた私が血を吸い飽…

優等生

病的になったり、思い出して悲しみにくれたりしないでいても、人生に悲しいものがあるということを告白しなければなりません。それがなんであるかは申しあげることはむずかしいのです。 (マンスフィールド「カナリヤ」) 中瀬秋は図書室で封筒に入った一枚の…

でんせつの剣

私がそこに到着した時には真壁琴美が地面に突き刺さった、おそらく剣のようなものの前で立っていた。私の自転車がたてたブレーキ音と地面とタイヤの擦れる音に気がついた真壁はこちらに振り返るなりこう言った。 「でんせつの剣になります」 「真壁、よく考…

新しい朝

新しい朝が来た 希望の朝だ喜びに胸を開け 大空あおげラジオの声に 健やかな胸をこの香る風に 開けよそれ 一 二 三 (「ラジオ体操の歌」) 昨晩から妹が私の部屋に転がり込んで来ていた。妹は旦那と喧嘩したらしく、家出して私にしばらく泊めてほしいと言った…

巨匠と薄まな板

オランウータンの面倒を見だして早三年。私の社会人生活は巨匠と呼ばれるハゲ猿との格闘の日々であった。 「キョショー?」 「最初はキヨシだったんだけどね。なんていうかあの風格だろ?みんな巨匠って呼んでる」 「はあ……」 「大変だと思うけどさ。まああ…

墓地のあの人

通りの向こうに墓地がある。来る日も来る日もあの人はそこにいた。伸びた髪、無精髭。背は高くがっちりとした肩が逞しい。一度も目を合わせたことがなかった。一度も口を聞いたことがなかった。あの人はいつも足下の、誰かきっとあの人の大切な人が眠る場所…

放たれざる生

私には花粉症の人間の気持ちがわからなかった。私は花粉症ではなかったから。この時期はスギがすごいらしい。けれどスギに悩む人間も、人間悩ませのスギ花粉の気持ちも私にはわからなかったのである。 早朝。私はたまたま通りかかった山道で、一匹の猿が飛び…

春になったら

私の祖父は腹話術師だった。町内の幼稚園なんかに呼ばれたりしてそれを披露した。私もまだ園児だった頃、祖父の腹話術を園で見ることがあった。私はひょうきんな演技で子供達を笑わせる祖父が誇らしくもあり恥ずかしくもあるという自我の芽生えの最中で、家…

トスィーエと待つ

私は帰りを待っていた。あの人の帰りを。だけれどあの人は帰らなかった。今のところは。そう思えど「帰らなかった」と過去形の過ぎ去りし日々は私にもう希望を持たせないように一匹の犬を置いていった。名前はトスィーエ。変な名前だがあの人がつけた名前だ…

ジョン・コナーの初恋

従姉妹のシュワちゃんが結婚する。シュワちゃんとは年も六つ違いで、俺からしたら大人のお姉さんという印象があった。それでも実家同士が近所だったので子供の頃は一緒になって遊んでいたこともある。水鉄砲を撃ちながら屈託のない笑顔をしていたシュワちゃ…

loss an angel

「わたしここでドロンします、シュシュシュ」 そう言って長澤まさみは僕らの前から姿を消した。あれから幾年もの時が過ぎて、その間に様々な出来事が起きた。山は噴火を繰り返し、雷鳴は延々轟いて、暴風勢い鳴り止まず、大地はひび割れ邪神は復活を遂げた。…

Embarrassing Today

階下から母親の声が聞こえてくる。自室ではけたたましい音で目覚まし時計が鳴り響き、携帯電話のアラームも何度目かのスヌーズを更新していた。それでも菱谷弥生の覚醒はいまだその時を迎えなかった。「あと五分……」それが積み重なって五分の概念が覆される…

犬のお巡りさん困ってしまってホンキー・トンキー

「ちょっと君?こんな遅くに何してんの!」 「深夜徘徊」 「……。だろうね!ダメじゃんか!君、未成年でしょ?」 「成人済み」 「はあん!?なら身分証見せて」 「身分……」 「免許証とか保険証とかあるでしょ?マイナンバーでもいいよ」 「人には身分や体裁を…

ワイン農家の娘と風車小屋の住人

あの風車小屋には誰かが住んでいて、その誰かはとても頭のおかしな人だから、わたしと弟は両親から決して近づかないようにと子供の頃から言われてきた。 わたしの家はワイン農家で、この時期は収穫を終えた葡萄をいよいよお酒に加工していくのだ。今は衛生上…

ドーナツ化船長

「もう一度確認します。あなたはキャプテン…….なのですね!」 「なんど言えば分かってくれる?私は紛れもなくこの船のキャプテンだ。少なくともここから半径10メートル以内で私ほどキャプテンなキャプテンはいない」 「生年月日」 「3069年4月26日。同じ誕生…

鳥獣保護区

「ですね。ここは鳥獣保護法に守られた鳥獣保護区でありますから、鳥獣は保護されています」 ダンッ! 「今何か大きな音が」 「大したことじゃありませんよ。なにせ鳥獣保護法によって守られた鳥獣たちのための鳥獣保護区ですよ。鳥獣が銃撃されるわけもなけ…

Strange banana & Monkey’s magic

祖父はとにかく目新しい電化製品が発売されると年金の大半を注ぎ込んで購入するのが趣味というか癖みたいな感じだった。祖父の自室は彼の玩具箱で踏み場もないのにルンバがあり、ダイソンの掃除機と扇風機があり、電子辞書、ハンドミキサー、スチームアイロ…

鬼退治部

槇山は焦った。思いの外、鬼という生き物は強かったのである。後輩の須々木が鬼の大木のような腕で薙ぎ払われ壁に叩きつけられ血を吐き瀕死の重体に追い込まれ、須々木とは彼氏彼女の関係だった深津が大声で泣き叫んでいた。 鬼ヶ島B地区。それが彼ら県立牛…

さいは投げられた

さいは投げられた。体長三六〇センチ、体重二・二トン。おとなしい性格で争いを好まず、日中は日陰で過ごし、偶に水辺に出ては水を舐め、いつも決まって檻の右端に糞をする。独居老人のような風情の優しいシロサイ、マーノルド(愛称、マーちゃん)は投げられ…

好きな映画の話 その4

プルートで朝食を [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2006/12/22 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (89件) を見る 「はあ〜、もうポジティブとかネガティブとかウンザリだわ」 「ふーん、なんかあった?」 「言…

頬杖ガーゴイル

昼下がり。 「見た?畠田のやつ。あいつ石みたいに固まっちゃってさ!あははは」 「あれウケたよねー!ぜってー童貞!童貞けってー!」 「メデューサ……や、コカトリスもしくは原生たるバジリスクか」 「……ミナト?」 「石化でしょ?石ということであればメデ…

BABY IN CAR

僕は助手席に彼女を乗せて車を走らせる。僕の最愛の人。僕は彼女との血のつながりに感謝する。僕と彼女が家族である。その事実が僕にとっては最大の幸福であると信じて疑わない。 「どこに行こうか?」 ちょっと不安げな彼女は言葉がおぼつかない。今にも泣…

はかいこうせん

「いいかね諸君?天性のシャイボーイなんてのはねはっきり言って生き難いのだよ。それが他人事としてのイメージだと可愛らしいだとかそんなことで片付く。じゃあシャイボーイがそれを真に受けて個性にしてしまい我道を貫きシャイおっさんになったらどうする…

君がいない夜だってそうno more cryもう泣かないよ

「顔が濡れて力が出ない〜」 アンパンマンは性懲りもなくバイキンマンの水鉄砲を顔で受けとめた。いつもと違ったのはジャムおじさんが胆石の手術で不在だったのとバタコさんの髪型が寝癖でアクマイザー3の真ん中の奴みたいな形になってしまい虫の居所が非常…

ガムを踏む

マラソン大会。一緒にゴールしようね、マミカちゃんはそう言って先頭集団。あたしは置いてけぼりの殆ど最後尾。本気出してこれ。マミカちゃん?どうしてあんなこと言ったの?そんな質問も届かない二人の距離。にしてもゴールはどこ?全然見えない。半分歩い…

寓話の新訳

シエパドは街中を練り歩いた。誰にも聞こえるように彼は叫ぶ。「狼が出た!狼が出たぞー!」 街の人々は狼を怖れていた。 狼、それはかつて国家に所属した憲兵治安介入部隊の成れの果て。事は十年を遡る。当時の国家主席タップドッグの命令によって敵対する…

光合三年生

十八歳の夜、就寝のために消灯するとどうも落ち着かない。暗所を嫌う理由などこれまでの半生を振り返ってみても見当たらない。この違和感は何か、そう思って手の辺りを見るとそれは蛍光色の仄かな明かりを灯していた。気のせいだと思って目を閉じるも気にな…

インタヴュアーイズヴァンパイア

「私はヴァンパイアです」 彼ははっきりと言った。近日公開予定の私が主演を務める映画『テンはネコ目イヌ亜目』の宣伝を兼ねたインタヴューの機会で。その記者は見た目は至って普通の中肉中背、何処にでもいるサラリーマンといった感じだった。名刺には「花…

フローベールの庭

庭に住み始めたカラス。私は彼だか彼女だか、その一羽の黒い鳥にフローベールと名付けてやった。フローベールは朝が近づくまだ日の昇らない暗がりで喧しくカアカアと鳴いた。私はフローベールの鳴き声に目を覚まし、縁側から庭を見る。声のする方はまだ暗く…

座りヶ丘ファミリータウン

私が住まう土地は自然が豊かで野生の動物も気楽に暮らすような牧歌的様相を呈している。私は妻と話し合って、間もなく生まれてくる娘のためにこの土地に越してきたのである。相談に乗ってくれた不動産屋は、決して便利は良くないが人気のある場所だと言った…

無人島に持っていく10枚

音楽に携わる仕事をしていると時折こういった企画にあたる。無人島に持っていく10枚。誰もいない孤島で一人、音楽でも聴こうかというのはどういう気分か?そんなことはともかくただお気に入りの10枚を論うわけなのだが、えー、っと……無人島なう。 今、私は…

一期一会

「パフッ、ッザマージダーゴン、暮らしてた♪」「何やいきなり」「パフは魔法の竜で暮らしてたんだよ」「そうか」「パフッ…………ッザマージダーゴン、暮らしてた♪」「ほやから何や!何でさっきよりちょっと溜めたん?」「パフはジャッキーと仲良くやってたけど…

大麦若葉、贈呈です

その男、かつてヒットマン。しかし殺伐とする闇社会が毎日に疲れ果て足をモイスチャーフィニッシュ。男が次に選んだ職。ヤクルトレディ。「すね毛ボーボーすけどいいすか?」「まあ、ええんちゃうか」 男の名はナミダメ・カナシス。哀愁を担う豊麗線。今日…

ゆかり

むらさきの色こき時はめもはるに野なる草木ぞわかれざりける武蔵野の心なるべし 伊勢物語のある一段。武蔵野の心なるべし、とは古今集に見れる詠に基づく。むらさきの一本ゆえに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る(詠人知らず) むらさきの草一本そこにあれ…

えんぴつ、カード、宝物

「昔、バトルえんぴつってのが流行ったよね?ドラクエのやつとか。僕が初めて手に入れたバトえんは《メガザルロック》」「ふーん」「それはさ、自爆とかしてすぐ死んじゃうんだ。強いのか弱いのかよくわかんなくてさ」「それで?」「ただそのメガザルロック…

ジュードの額

とある高名な芸術家の作品展が開催された。それは高名な芸術家であり誰しも一度は写真を通してくらいはその作品を目にしたといって過言でない。しかし、その高名な芸術家のあまりにも知れ渡る作品において直に己が眼をもって触れた者はそう多くはない。それ…

悪魔が来りてフラフープ

「んで、いつまでそうしてるんです?」「☆♪☀︎☁︎☁︎☆♪」「や、わかんないから。さっきから何言ってか全然わっかんねえから」「☆♪☀︎☁︎☁︎☆♪」「何者?ひとん家勝手に上がりこんで腰振ってフラフープ回して何事?」「私は悪魔です」「喋れんのかーい。にっぽんご…

文豪スットコドッコイ

羽ペンに墨を浸し、その先を紙の上に置いた。墨は紙に滲んで黒点。羽ペンは渇いた。男は机から窓へと目を逸らし外の景色を見遣った。嘗てはそこに沢山の物語を見つけた。それをそのまま見た通りに文字に書き起こした。男は窓枠を縁として描かれた絵画を物語…

白湯川くん

「じゃあ、白川。この問題解いてみろ」「サユカワです」「湯川くんってどこ中出身?」「サユカワです。二中です」 白湯川くんはいつもこの調子。私がこの高校に入学した時、前の席に座ってた白湯川くん。いつも口数が少なくて何考えてるかわからなくて、でも…

アシカショー師匠

あたしと従兄弟でアシカショーを見に来た。従兄弟のケン兄は生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしていた。奥さんはうちで婆ちゃんに料理を教わってる。奥さんは美人だしケン兄も人並みに整ったツラなので娘のミユキも赤ん坊ながらめちゃくちゃ可愛い。婆ちゃ…

ミュータント・ビートルズ

僕らはもうダメだった。ジョンはずっと眼鏡を拭き、リチャードはチンパンジーをあやす。ジョージは髭についた牛乳をペロペロしながら明後日の方向を見つめていた。 僕らはかつてアイドルだった。どこに出向いても黄色い歓声が飛び交って、それまで田舎の農…

きょむクモッ?

僕の名前は蟻吉紳爾(ありよし しんや)。都立氷沼高校二年生。時をときめく華に無敵のセブンティーン。最近目が悪くなってお母さんと眼鏡を買いに行ったよ。 ……さて、本題はここからです。今、あなたがお読みになっているこの『きょむクモッ!』と名打たれた…

愛と欲望のヒヒ

エテ公である。山のエテ公であったはずである。それがいつしかヒト社会に溶け込みネクタイを締め出社している。パーソナルコンピューターのモニターを前にデスクに腰掛けキーボードを弾く。アポイントメントの電話を入れ資料片手に外回り。帰社する頃には中…

スピーチ

「えー、ユウマくん、ヒロコさん、この度はご結婚、まことにおめでとうございます。僭越ながら友人代表として選んでいただき恐縮の極みでございます。ですがこの門出をお祝いするにあたり精一杯の気持ちをしたためてまいりましたので、どうかおひとつご静聴…

好きな映画の話

聞いてみた。「好きな映画?ですか?……そうですね。『霧の中の風景』とか?アンゲロプロス。父親を探す姉弟の話で。イニシエーション?特にお姉ちゃんのそれが描かれているんですけど……あんまりむつかしいことはわかんないですね。それより弟役の子供が可愛…

ストリートオブファンデーション

しとしとと弱々しく降る雨の中。既に日の落ちた街には傘が行き交いすれ違い。ここは化粧の浮いた街。景色を屈折させ本来なら映らないはずの装飾がそれだけを残して在り続ける。 一度化粧を施せば、その身体は透けて見える。透けたらば見えないというのが正し…