読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンターグの貸出票

返却期限を過ぎました。

創作

難民

日常系人気アニメ『とな回!』が最終回を迎え、来週から『とな回!』ロスの世界線に突入する。一話から十二話まで録画したハードディスクに油性マジックで「進化論」と記した俺は天を仰ぎ、頬を伝う血汐を感じていた。ありがとう!とな回!と一度は感謝して…

ふあぶるのおもひで

蟻の隊列行儀よく、巣穴へ向かい歩を進める。中ほどの何匹かが大きな飛蝗を背にしょって同じ歩幅で歩いた。不平を言う者はいない。どれも静かに巣に向かう。悪戯な気持ちで指を置くと律儀にそれを越えていく。それを生命の熱心とするか、機械の哀惜とするか…

魚を食べよう

僕らは郊外で個人経営している雰囲気のあるカフェテラスで机を囲んだ。最初に口を開いたのはキヨシだった。キヨシは昔から血気盛んというか今もヤンチャで首筋から肩にかけてタトゥーを入れている。銭湯に行けないと嘆いていたが僕はそんなキヨシのことを莫…

ビビアンドスーザン

三人の少女が自転車の速度を上げながら向かい側からやってくる。喫茶店の前で交錯し、自転車を停めた彼女達は「今年もオレンヂジュースの日」みたいなことを言って店に吸い込まれた。刹那に横目でうかがった彼女達の表情は若さゆえの快活さと何処とない寂し…

ビビアンドスーザン(予告版)

神田尾々(かんだ びび)イズグレイトフルデッド。スーパーゴーストカミカゼアタック、街の地縛霊。 斉藤スーザン蝶胡(さいとうすーざんちょうこ)イズシャーマンモダンタイムスイズフェイク。エロイムエッサイムエコエコアザラクテクマクマヤコン揖保乃糸。 …

私からのお願い

シチューに集中して。シチューだけに集中して。シチュー以外には集中しないで。でもシチューに集中しすぎてはダメ。シチューに集中しすぎないように意識して意識を集中してシチューから意識を逸らしすぎないように集中して。集中してシチューに意識を集中さ…

蟻人

蟻人と暮らして三年。つまり親に反対されて喧嘩して家飛び出して三年。蟻人は私の旦那で、今の世の中じゃ私、つまり人間と、旦那、つまり蟻人間の婚姻は認めてもらえないので他人でもある。ただ蟻人は誰よりも私の旦那らしく、蟻人以外の男に興味の持てない…

花よ恋々猪鹿蝶

可哀想な子。俺はそう思った。帰宅部のあいつが膝にサポーターつけてる、しかも常時つけてるのは如何ともしがたい違和感があったが、どうやら開き直ったあいつの膝は芋だった。猪上タミ子。俺はあいつが幼稚園の頃からの付き合いで、といっても友達未満の知…

ヒザポテト

「球体関節ってご存知です?」「人形の関節が球体で形成してあるあれでしょ?」「そう、それです。まあそんな感じだと思ってください」「うん、うん…….いや分かるんだけどさわかんないよね。全く不可解」「はは……ですよね。理屈じゃない。理屈じゃないですね…

ラフスケッチ

晴れやかに雲ひとつなく清々しいまさに完璧と呼ぶに相応しい青一面の空が汚れのない海に同じ色を映し出して間に挟まれたわたしの視界に映る浜辺はこの春先であってさえ夏を感じさせる爽やかさのカラッとした空気に溶けない全裸の同級生がこちらにやってくる…

夕暮れひよこ饅頭

妹とは歳が三つ、三つだけはなれていた。たった三年の誕生日のちがいがわたしに妹を分からなくさせた。妹は奔放だ。そうだと思う。口数は少ない。目もいつだって座っていて眠そうな顔をしているのに家中を走り回ったりする。お母さんはそんな妹をとっつかま…

帰り途

ペロヲ先生は名をシアルルといって頭がカタツムリの体つきは男性だったけれど声色は女の人だった。ペロヲ先生は頭がカタツムリの顔はその殻の部分なのであっていつも視線というものを感じなかった。頭のカタツムリは時折紙みたくペラペラで子供の落書きのよ…