読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンターグの貸出票

返却期限を過ぎました。

難民

創作
 日常系人気アニメ『とな回!』が最終回を迎え、来週から『とな回!』ロスの世界線に突入する。一話から十二話まで録画したハードディスクに油性マジックで「進化論」と記した俺は天を仰ぎ、頬を伝う血汐を感じていた。ありがとう!とな回!と一度は感謝してみたもののそれは俺を、そして俺と同じ志しと書いて同志を置き去りに遥か遠くの地で神格化してしまった。
「円盤買います!永遠にあれ!」
 素寒貧の財布は開くまでもなく軽い、魂を内包しない抜け殻のみそっかすタム仕様。
 亡命せねば。この安寧なき恐怖政治のワンルームを部屋ごと捨てねば。もしもしアリさんマークの引越社ですか!?そうですか象ですか!虚しさだけが木霊した。
 とりあえずコンビニにきた。ビールを買って帰ろう。酔っ払って寝ちまおう。帰宅してするめを齧った。モニターをつけた。ハードディスクを再生。蘇る金狼。ああああ!こんな夜に発車出来ないなんて!
 主人公のつの子が初めて散太に出会うシーン、ここで飛び出す「ナノマシンの糞くらい小さい器」という名言。まさに今の俺を示唆しとる。
 最終回、つの子が散太と星ヒューマンさんの家でオレオでオセロやるシーン。
「全部黒じゃん」「何言ってんだよ、ほら」 クッキーを剥がして中のクリームを見せる散太に「ああ、縦方向ありの立体型リバーシな」「オセロだから」「リバーシやろ」「オセロだから」「オレオやん」「オレオだ」の流れ。
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………!!!
 パーフェクト!パーフェクティブ!!パーフェクティベイト!!パーフェクティベティエイション!!!ディシーズマイユートピア!!!カンバック!カンバックアゲインストザマシーン!!

 もう取り戻せない日々がある。二期を匂わす予告もない。とな回!それは君が見た光、僕が見た希望。とな回!それは触れ合いの心。しあわせの青い雲、青雲。

つの子(cv俺)「青雲やん」
散太(cv俺)「青雲だ」

青雲 大型 バラ詰

青雲 大型 バラ詰


広告を非表示にする