読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンターグの貸出票

返却期限を過ぎました。

好きな映画の話 その3

ーどうして雪は降るの?ー
ーそのためにはまずハサミの話をしなくちゃねー


 老婆と孫の会話である。どうして雪にハサミが関わるのか。それは『シザーハンズ』を見なくちゃね。
 私が初めてこの映画を観たのはまだ十代。思春期といって、後々の歳をくってからでしか甘みを知れない、酸っぱさだけが残る頃。とても切ない映画だった。幸せになっていいはずの性格はその見て呉れとすれ違いからあまりにも痛切な道を歩むことになる。
 未完成の人造人間が人の世界に降り立って、初めはおそるおそるも上手くやる。それがとある事件をきっかけに印象は一変し異形の怪人と見做される。エドワード・シザーハンズは最初から最後までエドワード・シザーハンズである。しかし他者が交われば交わるほどにエドワードには様々な印象が付与されて、嫉妬や不安の色眼鏡が彼を彼でいさせない。物語の結末は悲しい。両手がハサミで生まれたゆえに人を傷つけ傷ついた。けれども両手がハサミであったから、歪で不安定で誰よりも優しい怪人は街に雪を贈ることが出来た。彼に救いがあるならばその美々しい雪が彼の涙と心得て語り継ぐ人が最愛の人であることだろう。