アントーニオの肉一ポンド

返却期限を過ぎました。

テルミー

  本多由はSay You Say Meについて考えていた。ライオネル・リッチーのヒット曲であるこの詞の意味について。文法的にも口語としてもよく分からない言いまわしで直訳すると「私を言うと言ってくれ」となりますますわけが分からなくなった。ただ一つ分かることは父親が西友に行くと必ず「セイユ〜セイミ〜」とくちずさむことで、本多は父のようになりたくないと感じていた。けれど遺伝を恐れるあまり本多の意識にSay You Say Meはかえって強く濃く刻まれこうして呪縛と化していた。

 そこへたまたま通りかかった御嶽あづさは本多のめんどくさそうな案件を抱えたオーラを察知して踵を返したのだが遅かった。

「ねぇヘル子! ちょっと教えて!」

「地獄ではなく御嶽です。只今留守にしております。ご用件のある方は前世からやり直してください」

「かたいこと言わないでさあ。教えてよ教えて教えて」

「……い↑や↓だ↑」

 御嶽はカタコトで断った。本多は御嶽の肩に両手を乗せて特にメリットも提示せず「教えて」と念押しした。

「何故! ナニユエ? どうして??  童子-T?? ジブラ? ケーダブ???」

「ヘル子英語得意でしょ?」

「まあ得意かな。お前よりはな。しかしナッティンリーズンでフィニッシュですシャチョさんバイバイねマタキテね嗚呼サミシ嗚呼サミシ」

「待って待って! セイユーセイミーってどう訳せばいいの?」

「知るかクソが!」

「言葉汚くない?」

「汚いな。これ主語お前のやり口な! 面倒押し付けるな! 隔月刊ヒトのきもち購読しろ! 今! すぐ! ハリィ!」

「俺が飼ってるハムスターのバードがどうなってもいいの?」

「民事不介入ですね。特にイかれたネーミングセンスからは人を寄せ付けさせない凄みを感じるわ」

「そっか。じゃあもういいや」

「いやいやコッチは初っ端からお断りしていますね!」

「バードはきっと死ぬよ」

「……」

「ハムスターとしてね」

「……」

「だあい好きなのは〜ひ〜からびた烏賊〜♪」

「ああああもううう!! セイユーセイミーの訳? アナタイウ! ワタシイウ!」

「え? 何それ? ショウジョウ様?」

「特に日本語にはない言い回しだし、つうか英語でもセイユーとセイミーなんて並べて使わないよ。なんだっていいじゃん。それよか大事なことは他にあるでしょ? あんた進路どうすんの?」

「ヘル子、母さんみたいなこと聞くんだね」

「別に好きなとこ行きゃいいけどさ……決まってないんなら一緒の、そのなんだ……一緒のさ、いてくれや道三つうかさ」

「そっか。じゃあ俺ヘル子と同じ学校に進学することにした」

「マジか! マジで言ってんのか!?」

「でね、父さんが西友行ったら必ずセイユーセイミーって歌うんだけどね、俺はそういう大人にはなりたくないんだけどライオネル・リッチー? ジャニーズ? よくわかんないんだけど新譜欲しいな」

 御嶽はなんやかんや牧野の意味不明さを愛していた。御嶽は今日、普段からはぐらかされていた牧野の真意を問うために牧野の元へとやって来たのだった。それは恥じらいのあまり問いになってはいなかったが結果的には期待した答えが返ってきた。そのあと牧野が続けた言葉は文脈が破綻しすぎてよく頭に入って来なかったがそれはいつものことであったし何より進む道に牧野が共にあることが確認できただけで御嶽には充分な収穫だった。この後、牧野は受験に失敗し御嶽とは今生の別れとなり、御嶽自身は卒業後に就職した信用金庫で出会った男性と結婚を経験し、三人の子と五人の孫に恵まれながら伴侶と添い遂げ一〇五歳の大往生となるがその時になっても、またこの地球と呼ばれる大きな星が終わりを迎え新たな生命の息吹へと循環することになってもSay You Say Meについていよいよ意味の通る翻訳が見出せなかったのだった。